医院ブログ

歯周病にかかると認知症になりやすい?

皆さんこんにちは!名古屋市千種区たなか歯科クリニック 歯科医師の島田 実果です。最近、歯周病と認知症の関係について、ニュースなどで耳にする機会が 増えてきました。認知症の中で最も多い、アルツハイマー型認知症。脳の委縮が特徴のアルツハイマー病によって起こる認知症のことで、症状はもの忘れなどの 記憶障害や判断力の低下などです。

なぜ歯周病になるとアルツハイマー型認知症にかかりやすくなるのでしょうか?
それは歯周病菌が出す毒素によって歯肉に炎症が起き、炎症物質「サイトカイン」が血液に運ばれて脳に流れ込むと、脳の中で「アミロイドβ」という”脳のゴミ”が増えます。それがアルツハイマー型認知症の大きな原因だと言われています。

さ らに、「脳のゴミ」がたまること以外にも、歯周病が脳に悪影響をもたらす理由がもう1つあります。それは、歯を失ってしまうということです。歯でものをか むと、ひとかみごとに脳に大量の血液が送り込まれます。歯の下には歯根膜というクッションのような器官があって、歯はそこにめり込むようにして立っていま す。そのほんのわずかな圧力で、歯根膜にある血管が圧縮されて、ポンプのように血液を脳に送り込むのです。
ところが、歯の本数が少なくなればなる ほど、歯根膜のクッションにかかる圧力が減って、脳に送り込まれる血液の量が少なくなります。脳への刺激が減って、脳機能の低下につながるわけです。脳機 能の低下は、ヤル気の喪失や、もの忘れを引き起こし、やがては認知症へとつながっていきます。
大人が歯を失う原因の第1位は、むし歯ではなく歯周病です。そして歯周病にかかっている期間が長ければ長いほど脳にたまるゴミは増えていると考えられます。

で は、すでに歯周病にかかっていたら認知症予防に関して手遅れなのでしょうか。いえ、そうではありません。歯のケアで脳のゴミを減らすメカニズムは2通りあ ります。一つは歯周病菌を減らすこと。もう一つはよくかんで歯根膜を刺激し、脳の血流を良くすること。これによりアミロイドβを減らすことができます。歯 周病やかめない状態をそのままにしていませんか。
まずはかかりつけの歯科医院で歯のケアをし、認知症を予防しましょう。

たなか歯科クリニック
歯科医師 島田 実果

歯がしみる症状について

皆さんこんにちは!たなか歯科クリニック歯科医師の木方です。

年が明けて2週間ほどたちましたが体調を崩したりされていませんか?インフルエンザもはやり始めているようなのでお気を付け下さい。

 

さて今回は知覚過敏について書かせていただきます。この時期、水道の水が冷たくて、うがいをしたときにキーン!と痛むことありませんか?なぜ痛みが出るのか?どうしたら治るのかについて、書かせていただきます。

 

健全な歯はエナメル質におおわれています。しかし、色々な原因により象牙質が露出することにより、しみることがあります。象牙質には、中と外をつなぐように、細い管がたくさんあります。その為、刺激が神経に伝わり、しみるような症状が出ます。

象牙質の露出原因としては以下のものがあります。

歯ぎしりや食いしばりによる歯のひび割れや、咬耗による象牙質の露出。

歯ブラシなどによる歯頸部の摩耗、くさび状欠損

歯周病で歯茎が下がり、歯根の象牙質が露出

酸蝕症による象牙質の露出

知覚過敏のリスク

歯ぎしりや食いしばり

過度なブラッシング、研磨剤が多く入っている歯磨き粉の使用

歯磨き不足、酸性食品の過剰摂取

 

次に知覚過敏があるときの歯磨きについて書いていきます。

知覚過敏がある歯は歯ブラシをかけるとしみる事が多いと思います。その為、痛い部分をよけて磨く方もいらっしゃいますが、そうすると歯垢が溜まり知覚過敏が悪化してしまう可能性があります。歯垢の中の細菌が酸を出すことにより歯の表面が溶かされてしまうからです。かといって痛いのに今まで通り磨くのは苦痛ですよね。ですので、歯ブラシの毛が軟らかいものに変えたり、歯間ブラシやフロスだけ通したり、ガーゼで汚れを拭うなどできそうなことだけでも行っていきましょう!

 

知覚過敏の治療は段階的に進んでいきます。しみる症状が軽い知覚過敏なのか歯の内部で炎症が起きているのか鑑別するために経過を見ながら進んでいきます。

第一段階:問診、検査、生活習慣指導、食事の指導、歯磨きの指導等行っていきます。

第二段階:症状を抑える薬を塗布したり、薬剤で歯をコーティングします。

第三段階:さらにしっかりとしたコーティング、レジンで歯を覆います。マウスガードで歯ぎしりの影響を和らげます。

第四段階:噛み合わせの調整、詰め物の詰め直しを行います。

第五段階:歯の神経を抜く

 

知覚過敏が気になる方はぜひ一度相談してみてください!

たなか歯科クリニック 歯科医師 木方 奨

歯の詰め物や被せ物はどれくらいもつの?

皆さんこんにちは!千種区たなか歯科クリニック 歯科医師の島田 実果です。

最近、患者様からよくご質問をいただくのは「頑張って通院して治した虫歯に被せる詰め物や被せ物は、どれくらい持つのか」というものがございます。

被せ物や詰め物は保険が適用される素材や、保険が適用されない自費診療の素材まで様々ございます。

そして素材ごとに寿命も変わってきます。大まかに分けると次のようになります。

プラスチックの詰め物:約5年

金属の詰め物:約5年

金属の被せ物:約7年

ブリッジ:約8年

セラミック(自費診療):約10年

ここで記載した年数は「平均使用年数」という、装着してから何らかの異変が出てくるまでの平均的な年数です。

相対的に見ると、保険が適用されない素材の方が長いのがわかります。もちろん個人差があるので、何十年も問題なく使用している方もいれば、平均年数より少ない年数で外れてしまうケースもあります。

 

では、被せ物や詰め物はなぜだめになってしまうのでしょうか?お口の中の状態や食習慣、不十分な歯磨き、かみ合わせによって被せ物や詰め物はダメージを受けたり、接着剤が劣化していきます。

特に保険適用の銀歯はどれだけ精巧に作られていても、歯と詰め物との間にはごく微小な隙間があったり、使われたセメントが徐々に崩壊し隙間がで きたりして、そこからまた虫歯(二次カリエス)になることがあります。隙間から細菌が入り込むため、詰め物や被せ物の入っていない健全な歯に比べ虫歯にな りやすいのです。

 

では、どうすれば被せ物や詰め物は長く使えるようになるのでしょうか。

最初に述べた被せ物の寿命はあくまで平均であり、毎日のケアなどで寿命は異なります。そして歯科医院で定期検診を受けることが大切です。銀歯に問題はないか、二次カリエスの傾向はないかどうかなどを確認し、異常が見られた場合は速やかに治療を行います。

なお銀歯に比べてセラミックの寿命が長いのは、虫歯の原因であるプラークが付きにくく、歯との密着性が優れているためです。銀歯の治療を何度もやりかえるより、少々高くてもセラミックを選ぶほうが、歯が長持ちします。

虫歯にならないよう、日ごろのケアを念入りに行い、定期検診は必ず受診するようにしましょう。

 

 

たなか歯科クリニック

歯科医師 島田 実果

歯科麻酔のあれこれ

こんにちは、たなか歯科クリニックの歯科医師の岡島多翔幸です。
本日のブログでは、歯科麻酔についてお話したいと思います。
歯科治療に使う麻酔には、表面麻酔や浸潤麻酔、伝達麻酔があります。
治療する歯の近くの歯肉に注射して行う麻酔を浸潤麻酔と言います
浸潤麻酔で麻酔薬を歯肉にいれると、歯を支える骨を経由して、歯に麻酔がかかります。
また、浸潤麻酔を行う前に、注射の痛みがやわらぐように歯肉にする麻酔を表面麻酔と言います
表面麻酔薬を歯肉に塗り、しばらくすると歯肉の表面に麻酔がかかるため、針を刺しても痛みがやわらぐのです。
3つ目は、伝達麻酔と呼ばれるものです。
この麻酔は毎回行なうわけではありません。親知らずの抜歯や、麻酔の効きにくい部位の治療や深い虫歯の治療に使用します。
伝達麻酔は、歯に分布する神経の根本に麻酔をかけることで、より深い麻酔を得ることができます。
皆様は、これらの麻酔を私たち歯科医が行うとき、なにか疑問をもたれたことはないでしょうか。
例えば、使用する薬剤の量や麻酔の効き具合とか。
患者様の中には、歯科治療で麻酔が効きにくかった経験がおありな方もみえるのではかないでしょうか。
勿論、体質も関与していますが、これには、治療する部位や虫歯の深さが関与します。
例えば、上の歯の治療と下の歯の治療。
一般的には下顎の方が骨密度が高いため、麻酔薬が浸透しにくく、効きにくいです。
また、奥歯になるとより骨密度が高くなり効きにくくなります。
つまり、下の奥歯の深い虫歯の治療を行う際は、麻酔薬を増やしたり、薬をいれる部位を検討したり、先に述べた伝達麻酔を適宜行うことが必要になってくるわけです。
歯科治療に臨まれる患者様は、緊張して当たり前だと思います。
麻酔は、薬液をいれるスピードを緩めたり、痛みをなくす工夫がいくつかあります。
緊張されてたり、疑問に思うことがあればいつでもお聞きしてください。
たなか歯科クリニック
岡島多翔幸

TVでも紹介されてたイエテボリ法って何??

こんにちは!千種区たなか歯科クリニック歯科衛生性の佐々木彩花です。
新年あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、ここ最近、某テレビ番組の影響で、イエテボリ法という歯磨き方法について、よく質問を受けます。

イエテボリ法は、歯科先進国スウェーデンで始まった歯磨き方法です。ご存じの方も多いと思いますが、スウェーデンは「予防歯科」先進国です。

しかし、1970年以前はスウェーデンでも多くの人がむし歯や歯周病で歯を失っていました。そこで、スウェーデン政府は1970年代に「予防歯科」を国家プロジェクトとしてスタートさせたのです。プロジェクトにおいて大規模な調査を行ったのがイエテボリ大学でした。

 

調査の結果、むし歯予防には、セルフケア(ご自宅での歯磨きなど)とプロケア(歯科医院で受けて頂くクリーニングなど)の両方が重要であることがわかりました。今日の歯科治療において、歯を削ったり、詰めたりすることではなく、「予防」が重要であると言われるのは、イエテボリ大学の調査が大きく関わっていると言っても良いでしょう。

 

この調査の結果から得られたデータにより、効果的だと判断された歯磨き方法の一つに、イエテボリ法という歯磨きのテクニックがあるのです。

 

スウェーデンではこの他にも水道水にフッ素が添加されていますし、販売されている塩にもフッ素が含まれています。また、歯磨き粉に入っているフッ素の濃度も日本に比べるとかなり高いです。このように日本とはかなり背景が異なることもありますが、イエテボリ法は歯磨き方法としてはとても有効なものですので、是非お試しいただきたいと思います。

ではイエテボリ法 はどのような方法かと言いますと…↓

①歯ブラシに2cmの歯磨剤をつける。

②歯磨剤を歯全体に広げる。

④歯磨剤による泡立ちを保つ。

⑤歯磨剤を吐き出さずに10mlの水を含む。

⑥30秒間そのまま洗口する。

⑦吐き出した後、うがいをしない。

(その後30分〜2時間は飲食をしない)

とても簡単なのでお試しください!

詳しくやり方だったり歯磨きの方法は是非ご来院時にご質問ください。

千種区たなか歯科クリニック
歯科衛生士 佐々木彩花

1 2 3 4 5 178

Pick up contents

ページトップへ