院長ブログ

医院拡張工事始まりました

いよいよ医院拡張のための工事が始まりました。
もともと事務所だったテナントの床を壊してみるとビックリ!
隣のテナントに続く配管が床の下を通っていたんです。それもちょうどど真ん中に!

歯科医院は一般の家よりも床下の配管がややこしく、通常20cmほど床をあげてその下に配管するのが普通です。
水は高い方から低い方へ流れるという自然の原理に逆らうことができず、今回はこの配管の上に新たな配管をしなければなりません。そうしないと汚水がたまったり逆流してしまいます。

そのためさらに床を高くする→天井が迫ってきて圧迫感が出てしまいます。
床をあげた分、天井をあげれば良いのですが、様々な配管が天井裏を張り巡らされているのでそれもできそうにありません。

設計士さんと施工会社さんが「う〜ん」とうなっていました。
このような状況をどんな方法で克服するのか?
きっと良い解決方法を考えて頂けると祈っています。

拡張工事が終わると医院の玄関の位置がかわります。
院内も随分と広くなります。

今までの医院は11月22日(土)までとなります。5日間の引っ越し期間を頂き、新しい医院は11月28日(金)にオープンします。
患者様から「どっか遠くにいっちゃうの?」って聞かれますが、同じビルの同じフロアですから、今まで通りご来院して頂けたらすぐに分かると思います。
看板のデザインも変わりますので楽しみにしていてください。

インプラントオペ

毎週木曜日は休診日ですが、インプラントのオペを行っています。
午前・午後と一人ずつしかオペができないため、インプラントをご希望の方をお待たせしている状況です。申し訳ありません。

昨日のオペでは、患者様は治療前はかなり緊張していた様子でした。
当たり前ですよね、ただでさえ歯科医院と言えば緊張するところですから。
ましてや、インプラントのオペならば尚更です。

治療前はレントゲン写真やお口の写真撮影、血圧などの測定など様々な検査を受けた後、
お口の中や周囲を徹底的に消毒してから治療をします。

麻酔が効いていることを確認してからは、患者様はスースーと寝息を立てていました。
下顎の奥歯にインプラントを入れる手術で、条件が良かったので実際にインプラントのオペは
15分くらいで終了です。
もしかしたら歯の神経を抜く治療より早いかもしれません。

本日は消毒でいらっしゃいましたが、腫れや痛みはなく経過は順調です。

実はインプラントのオペは準備と後片付けが大変なんです。
徹底した消毒・滅菌が大切で、前日から準備をしています。
たった30分のオペでも準備と後片付けで最低1時間くらいはかかるでしょうか。
あくまでも歯科医院の裏事情なので、あまり知られてないと思います。

歯を失った方にとって、インプラントは非常に満足度の高い治療です。
これからも精度の高い治療を目指していきます。

早朝ランニング

早朝ランニングを1ヶ月前から始めました。
走るコースはいつも同じ。東山一万歩コースです。

もともと寝起きが悪いのですが、なんとか気合いで起きます。
自宅からコースの入り口までのんびりジョギング。
すごく身体が重いです。頭もボォ〜っとしています。

ここがスタート地点です。一周6.2kmありますが、疲れを残さないように
約半分の3.5kmのショートコースを走ります。
ストップウォッチを押してスタート!!
今回は逆回りで走ります。

最初は緩やかな上り坂。
東山動物園の池の横を走ります。池にはペダルこきボートが見えます。

早朝なので園内には誰一人いませんが、一万歩コースを走っていると
たくさんの散歩やランニングの方々とすれ違います。
「おはようございます!」と挨拶すると皆さん笑顔で応えてくれます。

ここが唯一の信号。このコースは信号が少ないのでとても走りやすいです。

9月になって、涼しくなりとても風が気持ち良いです。

土日となればごった返す駐車場。誰一人いません。
500mほどの上り坂。
身体も慣れてきたので2本ほどダッシュ!
脚がつりそう〜

心拍数がほぼ最高値になり、バテそうなところで朝日がお出迎え。
目もパッチリ!最高の気分です。

ここまで来ると後は下り坂。自然とニヤけてしまいます。
我が母校、菊里高校の裏を走ります。星ヶ丘の街を一望できます。

高校生の時、部活でよくこの一万歩コースを走らされました。
苦痛でしかなかったのですが、今は楽しんで走っています。

東山一万歩コースは本来未舗装の山道が多いのですが、多少路面が濡れていても
大丈夫な舗装路を選んで走ることが多いです。

上り坂あれば下り坂あり。
多少コースから外れますが、下り坂を一気に駆け下ります。
スピードにのりどこまでも走りたくなる気分です。

こんな感じで東山一万歩コースを走っています。
自宅からの往復でちょうど5kmのランです。
シャワー、朝食の後仕事ですが、走った後は絶好調です。

以前張り切って走りすぎて、朝からダルい一日を経験したことがありました。
僕にとってはこれくらいの距離がちょうど良いみたいです。

チーフ千原さん卒業

我が医院のチーフ千原さんが8月31日をもってたなか歯科クリニックを卒業しました。
患者様や他院のスタッフ様からたくさんの贈り物やメッセージを頂き、本人も胸が一杯だったようです。

以下、千原さんが在職中に残してくれたメッセージです。

退職のご挨拶

たなか歯科クリニック チーフの千原美鈴と申します。

この度、名古屋を離れることが決まり、8月30日をもちまして退職する運びになりました。
改めて御礼のご挨拶を申し上げます。

私は受付専任を経て、トリートメントコーディネーター、医院のチーフを努めました。患者様のお悩みや治療に関するご希望を伺い、情報提供を行う役割を担いました。

また患者様と歯科医師を繋ぐ架け橋として、多くの経験をさせて頂きました。
この4年を振り返ると、様々な思い出が蘇ってきます。

『歯科医療を通じて患者様の笑顔あふれる生活を創造すること』
私は今、改めて歯科医療の素晴らしさを感じています。

たなか歯科クリニックで培ったスキルは一生ものとして、今後の人生を支える糧になると信じています。

退職にあたり、多くの患者様に労いと励ましのお言葉を頂戴しました。
本当にありがとうございました。

そして、どんな時も私を信じて温かく見守り続けてくださった院長と、
共に助け合い励まし合いながらスタッフ達と過ごせた時間は本当に幸せでした。

今の私があるのは、ここで出会えた皆様のお陰です。

名古屋を離れた後も私を育ててくれた歯科医療に携わり、歯科界に貢献できるよう力を尽くしたいと思います。

これからもたなか歯科クリニックは成長し続けます。
今後とも末永いお付き合いをお願いいたします。

たなか歯科クリニック
千原美鈴

以上です。
今後大阪にお引っ越しとのことです。
4年4ヶ月の間、本当にがんばってくれました。
とても感謝しています。

映画ドラえもん見てきました

暑い日が続きますね。お元気でしょうか。

先日まで夏期休暇を頂き、妻の実家の仙台へ行ってきました。
実家にはインターネット回線が引いていないので、正直言って暇です。
読みかけの本も次々と読んでしまい、更に時間を持て余したので子供達と映画ドラえもんを見に行きました。
3D(特殊なメガネで立体的に見える)&コンピュータグラフィックで生まれ変わったドラえもん、ストーリーはおなじみの内容でしたが、その世界観はとても緻密でグイグイと引きつけられました。
気がつくと涙がこぼれ、劇場を出る頃はこころが温かくなりました。

まだ幼稚園の三男坊に感想を尋ねたところ、
「あまり笑えなかったけど、いっぱい涙が出た」
と言ってました。意外に感受性豊かだったみたい。

小学5年の長男に聞いたら、
「3Dで目が回った〜」
と乗り物酔いのように青い顔。こんなんで大丈夫か?

次男坊はポップコーンをこぼして、かなり凹んでいました。
「面白かった」とありきたりの感想を述べていました。

このドラえもん、誰が見ても楽しめますが、もしかしたら大人向きかもしれません。
カップルで行くと最高だと思います。
その理由は見てのお楽しみ!!

1 2 3 4 5 6

Pick up contents

ページトップへ