セラミックの特性

セラミックの特性

明けましておめでとうございます!
たなか歯科クリニックの歯科医師、岡島多翔幸です。本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

先日、年始に親戚で集まった際、セラミックについて質問を受けました。
患者様の中には、「セラミックは、保険外の自費治療であることはなんとなく分かるけど」って方も多いですよね。

本日のブログでは、セラミックの話についてお話したいと思います。

セラミックというものは、無機物を加熱処理して固めたものの総称を言います。狭義的には、陶磁器をセラミックとして扱います。

本来、無機物を焼き固めたものがセラミックというわけですから、ジルコニアもセラミックの一つとなるわけです。歯科では、便宜的にセラミックのうち、ジルコニアでない陶器をセラミックということが多いです。

セラミックの特性としては、「見た目がいい」というのは勿論なのですが、「とても硬い」という特性が挙げられます。

ものの強度を評価する際、圧縮強度(ものを押しつぶした時、砕けるまでの力)や曲げ強度(ものを真ん中で固定して両端に力をかけて曲げて、割れるまでの力)というスケールが使われるのですが、

e-max.をはじめとするセラミックの曲げ強度は、
400Mpa(メガパスカル)

さらに強度のあるジルコニアの曲げ強度は、
1000〜1300Mpaもあり、
圧縮強度にいたっては、
2000Mpaもあります。

歯のエナメル質と象牙質の強度、
エナメル質:圧縮強度200〜450Mpa、曲げ強度80〜90Mpa
象牙質:圧縮強度250〜300Mpa、曲げ強度150〜300Mpa
を比較するとよく硬さが分かります。

また、e-max.などのセラミックやジルコニアは、レジンセメントを使って歯に「接着」させるので、より強力に歯にくっつけることができます。これもメリットの一つです。

これらの材料のデメリットとしては、セラミックの特性の「脆さ」を補うために歯をより削らなければならないことが挙げられます。

セラミックは、硬いものの、衝撃に弱く、脆くて割れやすいのです。硬いイコール脆くないと思いがちなので、イメージしにくいですよね。

この欠点を補うべく、歯をより1mm程度より大きく削り、セラミックに厚みを持たせるわけです。

近年、歯科材料はめまぐるしい発展をみせています。それぞれの物性を理解した上で、治療を進めることはとても良いことです。

分からないことがあれば、いつでもご相談ください。
たなか歯科クリニック

岡島多翔幸

名古屋市 千種区 覚王山で歯医者・歯科医院をお探しの方はたなか歯科クリニックにご相談ください。

インプラント・親知らず治療・虫歯治療・歯周病治療・矯正歯科・小児矯正歯科・審美歯科・予防歯科などの治療に対応しております。

所在地〒464-0841 名古屋市千種区覚王山通9-18 覚王山センタービル2階
電話番号052-757-5600
診療時間9:00~13:00 / 14:30~18:00
休診日木・日・祝
アクセス名古屋市営地下鉄 東山線 「覚王山駅」より徒歩1分

新着記事一覧

Pick up contents

ページトップへ