医院ブログ

染め出しは何のためにするの?

こんにちは!千種区たなか歯科クリニック歯科衛生士の川元です。最近はとても暑くなってきましたね。皆さんこまめに水分補給をして熱中症対策をしてくださいね!

さて今回は染め出しについてお話します。
みなさんも検診で1度はしたことがあるかもしれません。歯の表面を赤く染めて磨き残しがないか確認する方法です。
この染まっているところは何かというとプラーク(歯垢)です。
つまり、染め出し液で染まったところは歯磨きが苦手なところということがわかります。
また最近はツートーンに分かれる染め出し液もあり、紫色とピンク色にプラークが染まります。ピンク色のところはまだ新しい汚れですが、紫色に染まっているところは2、3日経過した古い汚れになります。この色の違いによって日常的に磨き残しているところと区別することが出来ます。紫に染まっているところは普段からの磨き残しになっているため特にブラッシングが苦手なところになっています。

普通プラークは白っぽく歯との区別が難しいです。そのため毎日しっかり歯磨きをしているつもりでも歯と歯の間や奥歯や歯茎の近くなど磨き残しがあったりします。長いこと磨き残しがあるとそこからむし歯になってしまう可能性もあります。
むし歯にならないためにもしっかり磨けているのかチェックするために染め出しはとても効果的なのです。

○染め出し剤の種類
染め出し剤の種類として錠剤タイプ、液体タイプ、ジェルタイプがあります。錠剤タイプは小学生の時の歯磨き指導で貰ったことがある人もいるのではないのでしょうか?
どのタイプでも染め出しの力に大きな違いはありません。錠剤タイプは持ち運びがしやすく便利です。
また染め出ししてお口をゆすいだ時にお洋服に水滴が飛んで色が着いてしまう可能性もあるのでゆっくりゆすぐようにしてみてください。

○染め出しの方法
1歯を磨く
まずはいつも通り歯を磨きます。フロスや歯間ブラシも併用している方はそれらも使ってケアします。
2染め出し剤の使用
染め出しを行い磨き残しがないか鏡でチェックします。磨き残しがあった場合染め出しの色が無くなるまで歯ブラシで磨きます。
3再度染め出しをする
もう1度染め出しをして色がつかないかチェックします。

むし歯や歯周病を予防するためには毎日の丁寧なブラッシングが大切です。プラークを可視化しより効率よく除去するために染め出し剤も活用してみましょう。当院にも染め出し液が販売されていますのでぜひお家でも試してみたい方はお気軽にご質問ください。


千種区たなか歯科クリニック歯科衛生士川元

噛んで若返る?

こんにちは!
名古屋市千種区たなか歯科クリニックの丸山です。

早いものでもう7月になりましたね!まだまだ雨の日も多いですが
みなさん夏の楽しみな予定はなにかありますか?ぜひ教えてくださいね!

みなさん食事をするとき何回くらい噛んで食べていますか??
こどものときからよく噛んで食べなさいと言われたことがある人も多いと思います。

よく噛んで食べることにより、食べ物を細かくすることで消化を助けたり、たくさん噛むことで満腹中枢を刺激して食べ過ぎを防止したりと、このへんは聞いたことがあるかたもいるのではないでしょうか??さらに噛むことで脳の血流がよくなり、認知症予防などの効果もあったり皮膚の新陳代謝を活発にするのでシミやしわなどを防いでくれたり健康維持にはもちろん、さらにしっかりと噛むことで見た目も若返ってしまうかもしれません(*^^*)

よく噛むという習慣は胃腸の働きを助けるだけでなく、表情筋を鍛えてお顔の印象を良くしたり、唾液の分泌を促したりなど多くのメリットがあります。

食文化の変化により、昔にくらべて顎が小さく細い方が増えてきました。
硬い食べ物を苦手とする方や、時間に追われて食事をゆっくり楽しむという方も少なくなってきたような気がします。しかし、唾液に含まれている「パロチン」という成分は皮膚の新陳代謝を活発化する働きを持っており、分泌量が増えればそれだけ若返り効果が期待できます。全体を使ってしっかり噛むことで表情筋がバランスよく鍛えられて左右対称の見た目になることも、美容面では大きなメリットといえるでしょう。

若い方のなかには、しっかり噛むことを「顎が大きくなり見た目が悪くなる原因」と捉えている方もいますが、顎骨が成長するのは6〜12歳であり、受け口やしゃくれなどの原因ではありません。偏食やしっかり噛まない食生活を送るほうが、歯並びの崩れやお顔の歪みにつながるため、美容面では不利といえます。

片方だけで噛んでいると顔の歪みの原因になってしまうので
左右の奥歯を均等に使うことを意識してみてください!
食事をするときはスマホなどを触りながらだと、うつむきがちになってしまい前歯が先に当たるので奥歯でしっかりかむことができません。
姿勢を正して一口30回を目安にしっかり噛むことを今日から習慣化して、健康と若々しい見た目を手に入れましょう(^_^)/
よく噛んで食事をしたあとは歯磨きもしっかりしてくださいね!

名古屋市千種区 たなか歯科クリニック 丸山

歯ぎしりと、うまく付き合っていこう!

こんにちは! 千種区たなか歯科クリニック 歯科医師の 満田 誠です。

今回は、そんな身近にある『歯ぎしり』についてのお話です。

たかだか歯ぎしり、と思ったら大間違い! 歯ぎしりは、口腔組織にとって 様々なトラブルを引き起こすものです。診療の中でも、患者様の訴える痛み・違和感の症状の多くが、歯ぎしりに起因している事がよくあります。

一概に、歯ぎしりといっても、
・グライディング …… 顎を左右に動かして、ギリギリと歯をすり合わせるもの
・クレンチング  …… 顎を動かさずにグッと咬みしめて、食いしばるもの
・タッピング    …… 上下の歯を、カチカチと咬み合わせるもの
と、3つのタイプに分類でき、この総称を 『ブラキシズム』 と言います。実際にはそれぞれが単体ではなく、混ざって起こる場合が多いようです。

このブラキシズム、実は………誰にでもあります!(◎_◎;)
「えっ!私は歯ぎしりなんかしてないですよ~」という そこのあなたも、実は程度・頻度の違いこそあれ、ほとんどの人が自覚も無しに行っているものなのです。
よって、ブラキシズムは 多かれ少なかれ誰でもしている 一種の「癖」と考えてよいでしょう。ですから、特に問題を起こさない限り放置してもかまわないのですが、時には その過大な “力” が問題を引き起こします。

例えば、睡眠中の歯ぎしりは 誰にでもみられる現象です。健康な人でも疲れているときなどには、ひと晩に1回くらいは歯ぎしりをしますが、通常は10~15分程度で収まります。
ところが 歯ぎしりが常習の人の場合、毎晩のように、それも1時間以上も続くことがあります。しかも、非常に強い力(人によって違いはありますが、自分の体重同程度~その数倍の荷重)で、歯をこすり合わせています。
そんな過大な力が歯にかかると、起きている時は 神経の反射が起きてこれを感知し、反射的に力を緩めるようになっています。ところが、眠っている時は、この機構がうまく働かず、睡眠中に歯にかかる力は、起きている時に比べて非常に大きなものになってしまいます。
また、起きている時に、歯と歯が接触している時間は、 数分~数十分だと言われているのですが、ブラキシズムのある人では、夜の間に、この数倍以上の時間、歯に力をかけていることになります。

そんな過度な力が、歯や歯周組織にかかり続けていたら……(>_<) ブラキシズムが、悪影響を生じさせる原因になるのも分かりますよね。
具体的な症状としては、
・歯の咬耗、摩耗
・歯の破折
・被せ物の脱落
・顎関節症
・知覚過敏
・咬合痛
・舌、頬粘膜の痛み
・歯周病の悪化
など、沢山あげられます。

このように、歯ぎしりは色々とトラブルの要因となるものなのですが、もう一つ厄介なのが 「歯ぎしりが無くなることはない」 という事です。
前述のように、歯ぎしりは誰にでもある一種の癖です。病気という訳ではありません。ただ、それが悪影響を及ぼすのなら、その “力” を上手くコントロールしなければならないのです。
特に、歯並び・骨格・生活状況により、どうしても歯ぎしりをしてしまいやすい方がいらっしゃいます(私自身もそうです)。そのような方は、就寝時以外であれば 自分自身の行動変容(なるべく上下の歯をくっつけない、顎の力を抜く、などの意識をもつ)、無意識下である就寝時は マウスピース装着による外力の制御、などが有効です。

自分の歯ぎしりを上手くセルフコントロールして、悪さをしないよう付き合っていきましょう!

↑ 歯ぎしりで擦り減って、噛み合わせの面が平らになっている歯

千種区 たなか歯科クリニック
歯科医師 満田 誠

感染の窓

皆さんこんにちは千種区覚王山 たなか歯科クリニック 歯科衛生士の高山です。
当院では、歯の定期検診や予防歯科治療など、お口のお悩み解消をサポートいたします。これからの季節、イベントや旅行など楽しい予定が盛りだくさんですよね。自信を持って笑顔を振りまいて、大切な瞬間を思いっきり楽しんでいただけるよう、スタッフ一同全力でお手伝いいたします。

また、このブログではさまざまなお口のトピックスについてもご紹介してまいります。日々の生活で役立つ情報や注意点など、ぜひ参考にしていただければと思います。

この時期たなか歯科クリニックには学校からの歯科健診の結果をもらった子供達がやって来ます。
むし歯がある・歯肉炎がある・歯並びが悪い などさまざまです。
特に多いのがやはり「むし歯」です。
皆さんは子供のむし歯における「感染の窓」って聞いたことがありますか?
まず、生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中にはむし歯菌は存在しません。しかし成長し乳歯が生え始める頃にはお口の中にむし歯菌が存在する可能性があります。いったいどこからむし歯菌が現れたのでしょう?
将来的お子さんが虫歯に悩まされないためには、まずむし歯菌に感染させない事が重要です。
そこで今回のブログでは「感染の窓」についてお話ししたいと思います。

特に1歳半〜2歳半の期間がむし歯に感染しやすく、乳歯が前歯は勿論奥歯まで生え揃いむし歯菌がそれを足場にして定着しやすく感染リスクが高まる時期です。この時期を「感染の窓」と言われています。
この時期までにむし歯菌に感染が無ければ、お口の中では様々な細菌達が増殖し定着していくので、その後にむし歯菌がお口の中に住もうとしても定着しづらくなります。
しかし、多くの人がこの時期にむし歯菌に感染している家族からまだ菌を持ってない子供へ唾液を介して感染されると言われています。
口と口のキスは勿論、食物の口移しやスプーン・コップなどの共有、熱い食べ物を冷ます時に「ふぅふぅ」と息を吹きかけた食べ物に唾液が付いて感染する事もあります。
過剰に神経質になる必要はありませんが、気をつけたいのであれば、お父さんお母さん自身がお口のケアをし、感染リスクを減らしてあげましょう。
歯医者さんへ行ってむし歯の治療をしメンテナンスを受けてご家族でむし歯予防を行いましょう。
そう言えば患者さんのお子さんが、気がついたらお父さんの歯ブラシをくわえていた事があったそうです。
お子さんの手の届くところに置かないように注意したいですね。

しかし、子供の頃にむし歯ならなければ、一生むし歯にならないとは限りません。
むし歯予防には正しい口腔ケア、基礎正しい食生活、高濃度のフッ素塗布そして歯科医院での定期健診メンテナンスが大切です。
むし歯で穴が開いてしまうと治療しが必要になります。残念ながら治すと言っても元通りになるわけではありません。健康な綺麗な歯でいたいですね。

千種区覚王山通 たなか歯科クリニック 歯科衛生士高山

根分岐部病変について

こんにちは、名古屋市千種区たなか歯科クリニック歯科衛生士の関谷です。

今回は根分岐部病変についてお話します!
歯根というのは歯の根っこのことをいいます。
みなさん、噛んだ時に強い力のかかる奥歯には1本の歯に対し2~3本の根があることを知っていますか?
また複数歯根があるところは、歯周病を重症化させやすいポイントになってきます。

歯の根が複数ある奥歯の、根と根が分岐した部分を根分岐部といいます。歯周病が進行していくと、歯を支えている骨が溶けてしまいます。奥歯の場合は歯根が複数あるので、根分岐部にまで細菌感染が起こり、歯根の周りや間の骨が溶けてしまうことによって、歯の根と根の間の部分がトンネル状になってしまいます。
トンネル状になってしまった部分は歯磨き等でもとても管理がしにくいです。それにより歯周病の進行が早まったり、治療が難しくなってしまうような状態を根分岐部病変といいます。

根分岐部病変の原因は歯周病以外にもあり、虫歯、歯髄疾患、歯根の亀裂・破折、パーフォレーション(何らかの原因で歯に穴が空いた状態)などがあります。
根分岐部は複雑な解剖学的特徴を持つことから、根分岐部病変は他の部位の歯周炎よりも進行が早く治りにくいといわれています。また、年齢が高いほど根分岐部病変が進行している傾向にあります。

一般的な歯周病の治療と同じように、周りにある歯石やプラークと呼ばれる細菌の塊を除去することで軽度の根分岐部病変であればその状態を維持でき、治っていくこともあります。
中程度や重度の根分岐部病変の場合、歯を半分に切断し分岐部を分離したり、3本のうちの歯根の1本をとってしまうことで、歯磨きがしやすくなるようにすることもあります。

根分岐部病変の生じる奥歯は歯ブラシが届きにくく、清掃がしにくい場所になります。
そのため、歯茎や歯を支える骨が下がって歯の根っこが露出している人はさらに清掃が難しくなります。
分岐部には歯ブラシは届かないので、先の細いワンタフトブラシなども使用して清掃して
いくことが大切です。
また、歯茎が下がりトンネル状になってしまっている場合、その内部に歯間ブラシも通し
て清掃してくださいね。
良好な予後、歯の寿命を長くするためには、定期的なメインテナンスとお家でのセルフケ
アが重要となってきます!
露出した歯根は虫歯になりやすく虫歯の進行も早いので、フッ素濃度が1450ppmの歯磨
き粉を使用したり、寝る前にフッ素洗口を取り入れてみてください!


千種区たなか歯科クリニック 歯科衛生士関谷

1 2 3 4 5 245

Pick up contents

ページトップへ