口がカラカラになると

口がカラカラになると

こんにちは、たなか歯科クリニックの歯科医師の岡島多翔幸です。

最近、患者様の中に、お口の乾きをご相談された方がみえました。
本日のブログでは、口腔乾燥症についてお話ししたいと思います。

口腔乾燥症は、文字通り、様々な原因により唾液の量が減ってしまい、お口の中が乾燥してしまう疾患です。

症状としては、お口の中の乾燥感の他に、粘膜の萎縮や舌・粘膜の痛み、味覚障害、口臭、虫歯の多発などが挙げられます。
お口が乾くだけで、痛みや味の変化、口臭につながることもあるんですね。

また、口腔乾燥症は、口腔カンジダ症を引き起こすこともあり、普段、お口の中に住んでいる真菌のカンジダが増えてしまうこともあるんです。

口腔乾燥症は、唾液腺の機能が低下することによるもの、薬物性のもの、神経性によるもの、全身性・代謝性のものに分けられます。
薬物性のものは特に多いので、毎日お薬を飲まれている方は少し注意が必要ですね。多くの薬には、副作用として口渇があるのですが、
歯科ではよく処方するロキソニンも副作用に口渇があります。

唾液腺の機能が低下することによるものの要因としては、加齢によるもの、また癌治療などで放射線を浴びることによって生じるもの、またはシェーグレン症候群が挙げられます。
シェーグレン症候群は女性に多い自己免疫疾患で、関節リウマチ症の方に多い疾患です。

糖尿病の方や尿崩症の方も口が乾くことがあるので、要注意です。

では、唾液の量の低下は、私たちはどのように判断してるのでしょうか。
まず、上の奥歯の近くと、下の前歯の近くに唾液腺の出入り口があるので、ここから唾液がちゃんと出ているかを確認します。
ここからしっかり唾液が出ていない場合は、ガムやガーゼを噛んでもらい唾液の量を調べます。

ガムを10分間噛んでもらい10mlの唾液がでていない、ガーゼを2分(120回)噛んでもらい2gの増加が見られない場合は、唾液の出が悪いと判断できます。

もしお口の唾液の量が減ってしまい、お困りの方は一度ご相談くださいね。

たなか歯科クリニック
岡島多翔幸

名古屋市 千種区 覚王山で歯医者・歯科医院をお探しの方はたなか歯科クリニックにご相談ください。

インプラント・親知らず治療・虫歯治療・歯周病治療・矯正歯科・小児矯正歯科・審美歯科・予防歯科などの治療に対応しております。

所在地〒464-0841 名古屋市千種区覚王山通9-18 覚王山センタービル2階
電話番号052-757-5600
診療時間9:00~13:00 / 14:30~18:00
休診日木・日・祝
アクセス名古屋市営地下鉄 東山線 「覚王山駅」より徒歩1分

新着記事一覧

Pick up contents

ページトップへ