哺乳瓶う蝕って聞いたことありますか??

哺乳瓶う蝕って聞いたことありますか??

こんにちは、たなか歯科クリニックの歯科医師の岡島多翔幸です。

本日のブログでは、こどもの虫歯についてお話ししたいと思います。

皆様は、お子さんの年齢によって虫歯のできやすい部位があるってご存知でしたか??

例えば、2歳頃までの子は、上の前歯のほっぺた側に虫歯ができやすいと言われています。

また、2〜3歳の子は、上の前歯の歯と歯の間、3歳をこえそうな子は、奥歯の噛み合わせの面、3歳半以降の子は、奥歯の歯と歯の間に虫歯ができやすいと言われています。

小さいお子さんをお持ちの患者様は、これらの部位に注目して磨いてあげると虫歯予防にとても効果的です。

では、もっと小さなお子さんはどうでしょうか。
赤ちゃんの虫歯には、「哺乳瓶う蝕」というものがあります。う蝕とは、虫歯のことです。

哺乳瓶う蝕は、哺乳瓶を吸った時に当たる上の前歯の裏側が虫歯になるものです。

通常の離乳期間を超えて授乳を行なわれているお子さんや、ミルク・スポーツ飲料などの糖質をふくむ飲料を就寝前に飲んでいるお子さんに多いのが特徴です。

寝付かせるために、これらのドリンクを飲ませてる保護者の方は要注意です。

ドリンクを飲ませた後は、必ず歯磨きをしてあげましょう。

お子さんの虫歯の治療は、治療への協力度や麻酔薬の面から4歳近くまで積極的な介入ができないと言われています。

虫歯を作らないためにも、歯磨きや、だらだらとおやつをあげないことが虫歯予防には必要不可欠です。

小さいお子さんは、虫歯があっても大人のように「痛い!!」と言いません。
でも、ひょっとすると「ズキズキするな、痛いなぁ」って思ってるかもしれません。

お子さんの虫歯は、私たち大人で防いであげましょう。

たなか歯科クリニック
岡島多翔幸

名古屋市 千種区 覚王山で歯医者・歯科医院をお探しの方はたなか歯科クリニックにご相談ください。

インプラント・親知らず治療・虫歯治療・歯周病治療・矯正歯科・小児矯正歯科・審美歯科・予防歯科などの治療に対応しております。

所在地〒464-0841 名古屋市千種区覚王山通9-18 覚王山センタービル2階
電話番号052-757-5600
診療時間9:00~13:00 / 14:30~18:00
休診日木・日・祝
アクセス名古屋市営地下鉄 東山線 「覚王山駅」より徒歩1分

新着記事一覧

Pick up contents

ページトップへ