糖尿病ってどんな病気?

糖尿病ってどんな病気?

こんにちは。歯科助手・管理栄養士の三田村瑠衣です。
7月に入り本格的に暑くなってくる季節ですね!

今日は糖尿病についてです。
「糖尿病」と聞くと、どんな印象を受けますか? 
「甘いものの食べ過ぎだ」「太った人がなりやすい」「そんな大袈裟な病気じゃないだろう」そんな誤った印象があるかもしれません。

?糖尿病になるのはなぜでしょう?
 生きていくための大切なエネルギー源として血液中にブドウ糖が存在します。このブドウ糖がなくては生きていけませんが、多すぎてもよくありません。糖尿病とは、この血液中のブドウ糖(血糖)が多くなる病気です。この血液中のブドウ糖の割合を血糖値と呼びます。

?血糖値が高くなってしまうのでしょ?
 健康なひとは、食事をすると一時的に血液中のブドウ糖が増えますが、すい臓から出ているホルモン(インスリン)によってブドウ糖を体内に取り込み、エネルギー源として使うことができる状態にしてくれます。このホルモン(インスリン)の働きによって、血糖値は一定の範囲内におさまってくれるのです。ところが糖尿病の方は、このインスリンが少なくなったり、効きが悪くなったり、ブドウ糖をうまく血液中から体内に取り込めなくなってしまいます。そして血糖値が高い状態(高血糖)が長く続くと、さまざまな合併症を引き起こしてしまうのです。
糖尿病で食べてはいけないものは特にないですが、
栄養バランスや総摂取エネルギーを考えた食事療法を実践することが大切です。炭水化物、たんぱく質、脂質の三大栄養素をバランス良く取り、ビタミンやミネラルなどを欠かさず取ることが大切です。

以下の3つを意識しながら食事を考えるとよりいいですね♪
☆炭水化物:摂取エネルギーの50~60%
☆たんぱく質:標準体重1kg当たり 1.0~1.2g(1日約50~80g)
☆脂質:摂取エネルギーの20~25%
参考になるのが、「糖尿病食事療法のための食品交換表」です。食品交換表では、食品を、多く含まれている栄養素によって、6つの食品グループと調味料に分けて、80kcal(1単位)のエネルギーを含む食品の重量を掲載しています。
自分の状態に合わせて食事療法・運動療法・薬物療法を行えば、普通の生活を送ることができます。正しい知識をもち、上手に糖尿病と付き合って行きましょう。

受付からのお知らせです。
後期高齢者医療制度の被保険者の皆様へ
令和2年8月1日から新しい保険証のご提示をお願いいたします。7月31日までは現在の保険証を使用してください。
受付にて後期高齢者医療制度のパンフレットを数量ですがご用意してありまのでお気軽にお持ち帰りください。

名古屋市 千種区 覚王山で歯医者・歯科医院をお探しの方はたなか歯科クリニックにご相談ください。

インプラント・親知らず治療・虫歯治療・歯周病治療・矯正歯科・小児矯正歯科・審美歯科・予防歯科などの治療に対応しております。

所在地 〒464-0841 名古屋市千種区覚王山通9-18 覚王山センタービル2階
電話番号 052-757-5600
診療時間 9:00~13:00 / 14:30~18:00
休診日 木・日・祝
アクセス 名古屋市営地下鉄 東山線 「覚王山駅」より徒歩1分

新着記事一覧

Pick up contents

ページトップへ