虫歯になりやすいお菓子は?

虫歯になりやすいお菓子は?

長いゴールデンウイークも終わりましたが、お休みモードはぬけましたか?
また健診などで来院された際はゴールデンウイークの思い出を聞かせてくださいね。

小中学校では健康診断が行われ、虫歯の疑いがあるといわれた子も多いのではないでしょうか?
ぜひこれをきっかけに歯科医院に来てください。
一緒に虫歯を治していきましょう。お待ちしております。

今子供たちの歯が危ないといわれています。
口腔崩壊と言って、極端に虫歯が多く食べ物を噛むのも困難な子供がいるのです。
東京歯科医協会の調べでは都内の小中学校の3校に1校が口腔崩壊の児童がいたという調査も出ています。
また成人の3人に2人が歯周病にかかっているといわれています。
歯周病はたかが歯の病気と思っていませんか?
実は命にもかかわる感染症なのです。
歯周病菌は脳梗塞や、心筋梗塞、動脈硬化や糖尿病などの病にも関連性があるということが分かっているのです。
なぜ歯周病が関係してくるかというと、歯周病菌が血管に入り細くしてしまうことで次第に血管が詰まり、脳梗塞や心筋梗塞が起きてしまうのです。
歯周病の人はそうでない人に比べて2.8倍脳梗塞になりやすいといわれています。

ここで皆さんに質問です。
お菓子の中でもチョコレートは虫歯になりやすい?正しい?間違い?
答えは間違いです。
お菓子の中でもチョコレートが特段虫歯になりやすいとは言えないからです。
虫歯菌が好む糖が含まれていればどのお菓子も注意が必要です。
気にしなければいけないのはその食べ方です。
虫歯になる原因の1つが間食なのです。
普段お口の中は中性ですが、食事をすると虫歯が進行しやすい酸性になります。
唾液が時間をかけて中性に戻してくれます。
しかしだらだらと間食を続けると口の中が中性に戻る間もなく歯が溶け続け初期の虫歯になってしまうのです。
虫歯を進行させないためにはできるだけ規則正しい食生活を心がけることが大切です。

でも間食はやめられませんよね…
そんな時は、アーモンドなどのナッツ類がおすすめです。
ナッツにはビタミンやミネラルが含まれているので栄養補給の面でもおすすめしたいです。

2つ目の質問です。
虫歯菌が特に進行しやすいのは起きている時ではなく就寝中である。正しい?間違い?
答えは虫歯菌が特に進行しやすいのは就寝中なので正しいです。
もちろん食事の後も注意が必要ですが、虫歯菌は唾液が少ない寝ている時に激増します。
夕食後歯磨きを行わないと朝起きた時虫歯菌は約30倍に激増するといわれています。
寝る前にできるだけ虫歯菌を除去することが大切です。

当院では初めて来院する際、スマホを見てきていただくと全員にキシリトールが入ったチョコレートをプレゼントしています。
皆さんの来院をスタッフ一同お待ちしておりますね。

歯科衛生士 常川 怜奈

名古屋市 千種区 覚王山で歯医者・歯科医院をお探しの方はたなか歯科クリニックにご相談ください。

インプラント・親知らず治療・虫歯治療・歯周病治療・矯正歯科・小児矯正歯科・審美歯科・予防歯科などの治療に対応しております。

所在地〒464-0841 名古屋市千種区覚王山通9-18 覚王山センタービル2階
電話番号052-757-5600
診療時間9:00~13:00 / 14:30~18:00
休診日木・日・祝
アクセス名古屋市営地下鉄 東山線 「覚王山駅」より徒歩1分

新着記事一覧

Pick up contents

ページトップへ