医院ブログ

歯ぎしりと食いしばり

皆さんこんにちは!千種区たなか歯科クリニック 歯科医師の島田 実果です。

最近、特に患者様の症状の中で多くなってきたと感じるのが、歯ぎしりや食いしばりの問題です。「寝ている間、歯ぎしりしているよ。」と家族に言われても、「そうなんだ」と軽く見てしまいがちですが、歯科の領域でも歯ぎしりや食いしばりは、非常に重要な問題です。

歯ぎしりも食いしばりも、共通して言えることは、ご自身では自覚しにくいお口の問題だということです。夜中寝ている時は、自分が歯ぎしりしていることは気づかないですし、日中の食いしばりも癖になっている方は自覚しづらいです。例えば、朝起きたときにこめかみや口が疲れていると感じる方もいらっしゃると思います。これは、明らかに夜間、歯ぎしりや食いしばりを起こしている方の症状です。

また、歯の診察時にも歯ぎしりや食いしばりのある方は分かります。大体、歯が摩耗してすり減っていたり、歯ぐきが下がって知覚過敏を起こしていたりします。また、慢性的な肩こりを起こしていたり、顎がだるかったりします。舌や頬粘膜に歯の跡がついている方もいます。改めて聞かれると、思い当たる方が結構いらっしゃるのではないでしょうか?

それでは、歯ぎしりと食いしばりがお口に与える影響について説明していきます。まずは、顎に負担がかかるので、顎関節症になりやすくなってしまいます。そして、歯周組織にも影響を与えます。常に強い力が歯と歯茎に加わることで、歯槽骨に負担がかかります。最終的には、歯がグラグラしてしまうほどのダメージを与えかねません。もちろん、歯自体にも影響を及ぼします。歯が摩耗したり、あまりにも強い負荷がかかると歯が割れてしまったりもします。たかが歯ぎしり、食いしばりと軽んずることなく、早めに解決することがとても重要です。

それでは、歯ぎしりや食いしばりを予防するにはどうしたら良いのでしょうか?

まず最初に、歯ぎしりや食いしばりは自己判断しないということです。
歯の検診をかねて、歯科医院に気軽に相談してみた方が良いと思います。
ご自身が思う以上に、歯ぎしりや食いしばりが重篤な状態かもしれません。

そして、歯ぎしりや食いしばりの予防法には、大きく3つあります。

あまりにも夜間の歯ぎしりが強い方などは、夜間マウスピースをつけていただく場合もあります。マウスピースは歯科医院で処方してもらえますので、こちらは歯科医師にご相談ください。

あとは、頬のあたりのマッサージも有効です。
力が入って強ばった顎のあたりを、入浴時などに軽くマッサージしてみましょう。とてもリラックスして、頬の筋肉がやわらぎます。そして、他に大切なことがストレスを減らすことです。ストレスの多い現代社会においては、無意識のうちに顎に力が入って、上下の歯を噛み合わせてしまいます。

無意識に行ってしまう食いしばりは、意識して直していくしかありません。日中、緊張しているなとか、ストレスを感じるなと思った時に、上下の歯を強く噛んでいないか意識してみましょう。そして、そういうことが度々ある場合は、意識して舌を上顎につけてみて下さい。そうすることで、自然と上下の歯が当たらなくなります。

ストレスの多い社会です。できるだけお口の中のトラブルを起こす前に、予防するよう心がけてみましょう。

 

たなか歯科クリニック

歯科医師 島田 実果

赤ちゃんの歯磨き

こんにちは、たなか歯科クリニックの歯科医師の岡島多翔幸です。
私には、もうすぐ生後11か月なります息子がいるのですが、先日、ようやく歯が生え始めました。
一本目の歯が生え始めるのを皮切りに、次々と歯が生え始め、今では4本目の歯も生えようとしております。
父として、我が子の口腔ケアをしっかりとしなければならないなと思う今日この頃です。
では、赤ちゃんの歯磨きはいつからすれば良いのでしょうか。
タイミングはいくつかありますが、一番はじめに生える前歯が生えきるくらいを目安にして良いと思います。
赤ちゃんによって、数か月の個人差はありますが、生後半年から一年弱です。
また、具体的な歯磨きの仕方としては、どうでしょうか。
おそらく多くの赤ちゃんは、口にいきなり歯ブラシを持っていくと嫌がります。
まず、赤ちゃんの口もとを私たちの指でマッサージをするように触って、慣れてもらいましょう。
ある程度、慣れてくれたら歯ブラシを優しく歯に当てます。歯ぐきを傷つけないよう気をつけて行いましょう。
ウェットシートタイプの清掃用品も販売されているので、はじめの前歯が生え始めた頃は、そちらの方が良いかもしれません。人差し指に巻きつけて使いましょう。
市販されている赤ちゃん用の歯ブラシは、前歯用、奥歯用と分かれているものもあります。分けて使用すると非常に良いと思います。
また、麦茶などを飲ませて口の中を洗い流してあげることも効果的であると思います。離乳食を食べた後や寝そうな時は、あげてみてもいいかもしれません。
赤ちゃんの健康は、私たち大人が守っていきましょう。
たなか歯科クリニック
岡島多翔幸

栄養を摂って風邪予防しよう

皆様こんにちは!千種区 たなか歯科クリニック 受付・管理栄養士の水野友梨です。

最近、寒さも増してきて、さらにインフルエンザが流行っていますね。

通って下さっている患者様にも、インフルエンザになってしまった…という方も結構いらっしゃるようです。

 

風邪の予防は手洗いうがいももちろん大切ですが、栄養のある食事を摂ることもとても大切です。

今日は、食事について書きたいと思います。

旬の野菜には、栄養がたっぷりなので、積極的に摂りたいですね!

冬が旬の野菜の中には、「白菜」があります。

この時期にはスーパーでも丸ごと1個の白菜をよく見かけますね。

白菜には、ビタミンCが比較的たくさん含まれています。

ビタミンCは水に溶けやすいので、スープやお鍋料理など汁までいただける料理がおすすめです。

白菜と言えば、鍋料理にはかかせない野菜ですが、私は先日、少し余ってしまっていた白菜をキャベツの代わりに餃子の具に混ぜてみました。

白菜でも味に違和感などなくとても美味しく食べれました。

生姜もすりおろしたものをたくさん入れて作ったのでぽかぽかあったまる効果もあります。

栄養をとって風邪をひかずに寒い冬を乗り切りたいですね!

千種区 たなか歯科クリニック

受付・管理栄養士 水野友梨

歯周治療

皆さまこんにちは!
千種区たなか歯科クリニック歯科衛生士の佐々木彩花です!!

寒い日が続きますが皆様いかがお過ごしでしょうか?インフルエンザが流行ってきていますから気を付けて予防していきたいですね!

さて先日私Jokanスクールの最終試験に合格することができました!!!Jokanスクールで訳年学んできたのはSRPの基礎技術です(歯科衛生士の在り方や考え方や自分自身を見直す年間でありました)

SRPとは歯茎のポケットの中の歯の根っこについている隠れた歯垢や歯石を取っていきます。そしてばい菌に感染した根っこの表面を滑らかなつるつるの根面似することをいいます。歯周病の治療にはこのSRPの技術が必要になってくるのでしっかりとした技術を身につけることを目指してJokanスクールに通っていました。この学んできた技術を生かしていけたらと思います。

さて歯周病とは実はインフルエンザと同じく感染症と言えます。インフルエンザはウイルス感染によるものであり歯周病は歯周病菌の感染によっておこる病気です。感染により歯茎の下にある歯を支える骨が溶け出していきます。

歯周病菌学校お口の中に常に存在しているお口になかの環境では歯周病のリスクを抱えていいるといえます。歯周病菌の割合が多かったり悪さをするパワーが強かったり歯周病になりやすいような生活習慣を送っていたりなどの要因で歯周病は発症します。

日本においてはなんと成人の約8割以上が歯周病だなんて言われています。あらゆる感染症の中で実は身近いな感染症であり感染症No.1のギネスの称号を持っています。歯周病で溶けて失った骨は元に戻すことができないので感染の予防がとても大切です。インフルエンザであれば治るのに1週間ほどでしょうか早期に薬を飲むことで症状が軽く済んですが歯周病は特効薬残念ですが、ありません。
そして自覚症状なく進行していることが多いです歯周治療も1週間ではすぐに良くはならないので長期に治療することになります。状態によって治療期間は長かったり短かったりします。

まずは予防することが大切ですし歯周病のことや予防の方法そして歯周治療についての詳しくは私たちスタッフにお声掛けくださいね!

 

千種区たなか歯科クリニック歯科衛生士 佐々木彩花

コンポジットレジン

みなさんこんにちは。

千種区たなか歯科クリニックの歯科医師 飯嶋晴弥です。

年が明けて平成最後の年が始まりました。

今年の冬はものすごく寒い日があったり、暖かい日もあったりと、体調管理も難しい季節だったような気がします。

しかし、今年は珍しく成人の日が晴れたところが多いみたいですね。新成人の皆様おめでとうございます。

 

先日ニュースで、愛知県はインフルエンザ患者数が北海道に次いで全国第2位と言っていました。てっきり東京とかだと思っていたので驚きました。患者様の中にもインフルエンザや体調不良で診察に来られなかった患者様がたくさんいらっしゃいました。

まだまだ寒く乾燥する季節が続きますので、お体に気をつけてお過ごしください。

また、僕自身体調管理をしっかり行い、ベストなコンディションでみなさまの診療に望めるように気をつけたいと思います。

 

さて、今回は歯科治療で使用するCR(コンポジットレジン)という材料についてお話ししたいと思います。

皆様の中にも歯科医院で耳にしたことがある方もいらっしゃると思います。

歯科治療では最も多く使用する材料ではないかと思います。

虫歯の治療で使用する詰め物の種類の一つです。

虫歯を取り除き、空いた穴を白い詰め物で治しましょう。

と言うときはこのCRを使用します。

ただ一言でCRと言っても、色調や硬さ、流れやすさなど様々な種類があります。

また詰める行為を「充填」と言うのですが、充填方法にも多くの考え方があります。

使用する材料、充填方法ともに、治す場所や虫歯の深さ、穴の形などにより使い分けています。

より自然な歯に近づけるために、数種類の色を使い分けることもあります。

しかし、保険で認可されているCRは多くはなく、種類にも限りがあります。

当院で行なっている自由診療の「DCR(ダイレクトコンポジットレジン)」という治療では保険で認可されていない特別なCRを使っており、色調や形態の再現性や、硬さ、接着力などの機能面でも優れたCRを使用しています。

そのため、審美面はもちろんのこと、機能面や、その先の二次的な虫歯のリスクも少なくすることができます。

今回の写真ではその際使用する材料を載せたいと思います。

上は流れがよく、穴の底部分に使うことが多いCR

で、下はペースト状で形態を整え、表層に使うことが多いCRです。色調も「OA2」や「A2」などかなり多くの種類があります。

何かわからないことがあれば気軽に聞いてください。

 

千種区たなか歯科クリニック

歯科医師 飯嶋晴弥

1 2 3 4

Pick up contents

ページトップへ