院長ブログ

新しいデザイン

医院の拡張工事が始まり、はや1ヶ月。周りから「新しい医院にはもう移ったの?」とよく聞かれますが、オープンは11月28日を予定しています。

内装工事.jpg

この写真はちょっと前ですが、工事中の写真。

まだまだどんな医院になるかわかりませんね(笑)

ところで患者様にお渡しする資料もデザイン一新します。

DTP.jpg

これは「デンタル・トリートメント プログラム」。

患者様ひとりひとりにお渡しする治療計画書です。

現在のお口の中の状況だけでなく、治療期間の目安などをお知らせするものです。

テストデータ.jpg

お口の中の写真、レントゲン写真、各検査数値を参考にして治療計画を立てますが、

実はこれを作るのに結構時間と手間がかかっています。

診療後、4人の常勤ドクターが計画を立ててますが、中には1人の治療工程が決まるまで1時間あまりかけることがあります。

このプランにそって治療はすすめられます。途中治療内容によって担当の歯科医が変わることがありますが、ご安心ください。

休診日

今日は休診日。
ですが、午前はインプラント手術、午後も診療を行っていました。
木曜日と日曜日は休診日ですが、なんだかんだで院長の休みはありません。
仕事を苦とは思っていないので本人的には大丈夫ですが、はたして家族はどう思っているのでしょうか??

診療後、用事があって(パスワード忘れ)近くのドコモショップに行きました。
受付のお姉さまから一言、プランを変えたほうが良いですよ、と提案が。
発信が多いので新プランですと3,000円ほど安くなるとのこと。

ついでにすすめられるままにiPhone6も予約しました。
今使っているのが香港で買ったiPhone4sにdocomoのsimを入れています。
今の状況でも不便とは思っていないのですが、料金的にあまり変わらないどころか、
安くなるので(!)お願いしました。

その後、16時に帰宅できたのでランニングしました。運動はテニスを中学校からやっていましたが、
手軽にコートを借りることができません。相手も必要ですし。
今の自分にはランニングが最適だと思っています。
来年3月の名古屋シティマラソンのエントリーもしました(まだ当選するかはわかりませんが)。

いつも通り東山一万歩コース。朝日を浴びて走る時と雰囲気が違います。
陽が陰ってきました。天白区方面が一望できます。
一万歩コース1016.jpg

今日は十分時間があったので、そのまま平和公園の一万歩コースへ。
途中全長2m以上のすすきがありました。写真を撮っていたら、いろいろな方から
これは何ですか?と聞かれ「すすきでしょうかね?」と答えました。
植物のことは専門外なんでわかりません。皆首をかしげていました。
すすき?.jpg

名古屋市千種区は名古屋の市街地ですが、実は緑もたくさんあります。
「くらしの森」はここはどこだろう?と感じるくらい自然が残されています。
散歩する方やランニングする方とたくさんすれ違います。
里山の森.jpg
本日はキロ6分ペース、12kmをのんびり走りました。
猫ヶ洞池ではきれいな夕日を見ることができました。

猫ヶ洞池.jpg

明日もいい日でありますように。

妖怪のせい

今日は曇りのようです。肌寒いです。

sIMG_0856.jpg

ところで先日の台風の日、自宅で洗面所の水の流れが悪くなりました。
台風で下水が大量に流れ込んだためだと思いましたが、翌日になっても一向に改善しません。

洗面所.jpg

修理の業者さんに来てもらって詰まりの原因を調べてもらったところ、、、

Sの字に曲がった配管から出てきたのは
・どんぐり10個
・小石1個
「ええ〜!」と皆驚いたのはもちろん、その後業者さんに笑われる始末。

誰がやったのか、いちばん怪しい幼稚園年中の3男坊に聞いたところ

「妖怪のせいなのさ〜♪」

だって。
思わず「そうなのね!」と言いそうになりましたが、どんな妖怪なんじゃい!!

アニメが流行っているとはいえ、なんでも妖怪のせいにするのはダメですが、
なんとなくホノボノとする出来事でした。

もしかしたら妖怪「ホノボーノ」に取り憑かれていたかも。
ホノボーノ.jpg
↑妖怪ホノボーノ
場の空気を和ませてくれるほのぼのとした妖怪

読書の秋

秋と言えば「読書の秋」。
本日の晩から東海地方は台風19号の暴風域に入るとのこと。
外出は控えておとなしく読書をしています。

ところで最近電子書籍をよく利用するようになりました。
写真の「7つの習慣」シリーズは何度も読んでいる本です。
さすが、「自立」を促している本だけあってしっかりと自立してます!(笑)

これだけぶ厚い本になると気軽に持ち運ぶとはいかないですし、寝転びながらダラダラと本を読むことが難しく、一歩間違えると顔面に本が落ちてきます。
そんな訳でkindle(読書専用のタブレット)にダウンロードして読んでいます。
ちょっとした空き時間に読めるのが良いですね。
スマホなどでも電子書籍は読めるのですが電池の減りを気にせず何時間でも読めるのが嬉しいです。
難しい言葉もすぐに調べられるのも国語が苦手だった私にはありがたい機能です。

さらにスマホを子供の前で触っていると「遊んでいる」と思われますが、kindleならば読書していることをアピールできる点も良いです。
とはいえ、やはり本物の本を読むことが多いです。
一刻も早く本を手に入れて読みたい、ちょっとしたスキマ時間に本を読みたい、などインスタントラーメン的な使い方は電子書籍が合っているのですが、じっくりと本を読みたいときにはリアルな本が一番だと思います。

息子の外傷

自宅で事務仕事をしていたら、外から子供の泣き声が聞こえてきました。
それも結構な大きな泣き声が。
イヤーな予感がして外に出ようとしたところ、予感的中!!
三男坊(幼稚園児)が口から血を流して帰ってきました。

話を聞いたところ、近所の公園でブランコが顔面に当たったとのこと。
下唇と上の歯ぐきから出血していましたが、止血したらまぁ問題はないと判断。
それにしても我が子の怪我はドキドキするものです。

毎日診療していると、お子さんの外傷で来院されることが年に数回あります。
軽度の怪我から、顎の骨の骨折まで。
付き添いで保護者の方や学校の先生がいらっしゃいますが、表情からその心配な気持ちが痛いほど伝わってきます

外傷を防ぐ方法は残念ながら私には分かりませんが、起こってしまった後の対処で予後が大きく変わることがあります。
その一例として、ぶつかって歯が抜けてしまった時、その歯を乾燥させないようにしてできるだけ早く、とにかく早く(分単位で)歯科医院に持って行くことを勧めます。

水で洗ったり、くっついている組織を剥がさないように、そのままで!!
ハンカチやティッシュにくるまず、水道水やできれば牛乳につけて。何もなければ口の中にいれて乾燥を防いでください。
その後の処理は歯科医院が行います。

歯の周りの組織がまだ生きていれば、元の位置に戻すことができます。
もちろん成功率は100%ではありませんが。

歯周病でもともとグラグラしている歯や、永久歯に交換する予定の乳歯ではくっつきません。
もともとしっかりとした歯で外傷による歯の場合だけです。

我が子の怪我で、改めて外傷歯の対応の仕方を一般の方々にも知ってほしいと思い投稿しました。

1 2 3 4 5 6

Pick up contents

ページトップへ