医院ブログ

顎がカクカクする?!

皆様こんにちは。たなか歯科クリニック歯科医師の三輪万里子です。
最近日中はとても暑く、夜間は涼しかったり寒暖差が激しいですが皆様いかがおすごしでしょうか?
梅雨の時期でもあり風邪をひきやすかったりもするので体調には十分気を付けてくださいね♪
さて今日は顎関節症についてのお話しをしようと思います。
皆様“顎関節症”という言葉は聞いたことある方、または自覚症状のある方も多いと思いますが、実はⅠ型~Ⅴ型に分類されているんです。
Ⅰ型:筋肉症状(コリ、痛み)がおもで筋肉をおすと痛いですが、顎関節に変形など異常はないです。
Ⅱ型:関節周辺に病変を伴います。筋肉関節を押すと痛いことがあり、関節雑音、運動障害があります。
Ⅲ型:関節円板という軟骨組織の位置の移動、変形、損傷をともないカクカクという音が顕著にあらわれます。
A型:関節円板が顎関節から出たりはいったりして顎のカクカクという音が顕著にあらわれますが、筋肉にいたみはないです。
B型:関節円板が、関節からでたままになった状態で、関節円板のひっかかりにより、開口障害がおこり、痛みがでたりします。
Ⅳ型:関節の変形、骨の変形がおこり、ギシギシ、ガリガリ、ジャリジャリという骨や軟骨がすれるような音が顕著で痛みがあります。
Ⅴ型:Ⅰ型~Ⅳ型いずれにも該当せず、顎関節の違和感などがあります。

では顎関節症の原因としてはなにが考えられるでしょうか?
顎関節は上と下の歯のかみ合わせによる力が作用してきます。一時的な力(硬いものを急激にかみ砕く場合など)だけでなく、くいしばりや歯ぎしりなどの持続的な力も作用します。
なのでくいしばり、歯ぎしりの癖がある方は顎関節に負担がかかり、顎関節症になりやすです。
また正常な歯並びでない場合もかみ合わせの位置がずれていることが多いので顎関節症になりやすかったりします。

顎関節症は重度でなければ、日ごろの生活習慣の改善で治ったりすることもあります。
気になることがあれば、気軽に相談してくださいね♪


たなか歯科クリニック
歯科医師 三輪万里子

口内炎って放っておいても大丈夫?

皆さんこんにちは!千種区たなか歯科クリニック 歯科医師の島田 実果です。
疲れているときや風邪をひいたとき、口内炎がよくできる方がいらっしゃると思います。
口内炎ができたら、たいていすぐに治るからいいやと放っておく方も多いでしょう。確かに、いわゆる口内炎であれば1~2週間で放っておいても治りますが、そうでない場合もあるので要注意です。
まず、口内炎とは口唇・舌・頬・歯肉などの口の粘膜に起こる炎症を総称して「口内炎」と呼びます。口内炎にはいくつか種類があり、アフタ性・ 細菌性・ウイルス性などいろいろあり、症状や原因も様々です。皆さんが「口内炎」と思っているもので一番多いのは「アフタ性口内炎」です。

このアフタ性口内炎の特徴として発生頻度が高く、全人口の約20%の人が経験しているといわれています。
口内炎は2〜10mmほどで表面は黄白色の苔で覆われ、周りには発赤した領域が見られます。通常、痕を残すことなく1~2週間で治癒しますが、再発を繰り返します。20~30歳代の若い方に多く、高齢者では減少します。男女差はありません。
口内炎の発症には、口の中を誤って噛んでしまったり、体力の低下やストレス、ビタミンなどの栄養不足、アレルギーやウイルス感染など様々な要因が関わるとされていますが、詳細は不明です。

治療としては、疼痛を抑えるためにステロイド軟膏や貼付薬が処方されます。市販でも口内炎に効くとされている薬が売られています。最近では、レーザーで治療する病院も増えています。ただ、口内炎は「体調のバロメーター」といわれていますので、体調管理によってある程度の予防や軽減ができます。

1.睡眠時間を十分にとる
2.ストレスや疲れをためないようにする
3.ビタミンB群を多く含む栄養バランスのとれた食事を心がける
 →その中でも、ビタミンB2、ビタミンB6は、口内炎に効果的と言われています。ビタミンB2を多く含むのは、うなぎ・青魚・海藻など の海産物や、牛・豚・鳥のレバー、納豆や卵・乳製品などにも多く含まれています。ビタミンB6を多く含むのは、ビタミンB2同様、 
 牛・豚・鳥のレバー、他にもバナナやにんにく・マグロ・カツオ・鳥のささみなどにも多く含まれています。
 また、肌や粘膜を保護する働きのあるビタミンA、全身の抵抗力をアップさせるビタミンC、鉄、亜鉛などのミネラルも合わせて摂取す ると効果的です。
4.口の中を清潔に保つ
 →乾燥していると細菌が繁殖しやすくなるので、水分補給とうがいもこまめに行いましょう。
5.アルコールやたばこ、刺激物は控える

特に注意していただきたいのは、口内炎でも皮膚疾患やまれにガンである場合があるので口の中であちこちと治りにくい口内炎ができた場合や、口内炎の下にしこりを伴い何カ月も治らないものなどは、早めに歯科医院で診てもらいましょう。

たなか歯科クリニック
歯科医師 島田 実果

哺乳瓶う蝕って聞いたことありますか??

こんにちは、たなか歯科クリニックの歯科医師の岡島多翔幸です。

本日のブログでは、こどもの虫歯についてお話ししたいと思います。

皆様は、お子さんの年齢によって虫歯のできやすい部位があるってご存知でしたか??

例えば、2歳頃までの子は、上の前歯のほっぺた側に虫歯ができやすいと言われています。

また、2〜3歳の子は、上の前歯の歯と歯の間、3歳をこえそうな子は、奥歯の噛み合わせの面、3歳半以降の子は、奥歯の歯と歯の間に虫歯ができやすいと言われています。

小さいお子さんをお持ちの患者様は、これらの部位に注目して磨いてあげると虫歯予防にとても効果的です。

では、もっと小さなお子さんはどうでしょうか。
赤ちゃんの虫歯には、「哺乳瓶う蝕」というものがあります。う蝕とは、虫歯のことです。

哺乳瓶う蝕は、哺乳瓶を吸った時に当たる上の前歯の裏側が虫歯になるものです。

通常の離乳期間を超えて授乳を行なわれているお子さんや、ミルク・スポーツ飲料などの糖質をふくむ飲料を就寝前に飲んでいるお子さんに多いのが特徴です。

寝付かせるために、これらのドリンクを飲ませてる保護者の方は要注意です。

ドリンクを飲ませた後は、必ず歯磨きをしてあげましょう。

お子さんの虫歯の治療は、治療への協力度や麻酔薬の面から4歳近くまで積極的な介入ができないと言われています。

虫歯を作らないためにも、歯磨きや、だらだらとおやつをあげないことが虫歯予防には必要不可欠です。

小さいお子さんは、虫歯があっても大人のように「痛い!!」と言いません。
でも、ひょっとすると「ズキズキするな、痛いなぁ」って思ってるかもしれません。

お子さんの虫歯は、私たち大人で防いであげましょう。

たなか歯科クリニック
岡島多翔幸

スーパーフロスの紹介

みなさんこんにちは! 
千種区 たなか歯科クリニック 受付・管理栄養士の水野友梨です。

みなさんは「スーパーフロス」という言葉を目にしたことはありますか?
「スーパーフロス」は、デンタルフロスの種類の1つです。

変わった名前で、どんなフロスなんだろう?とお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、このスーパーフロスは。インプラント治療をしている方や、ブリッジが入っている方、歯の矯正をしている方にも向けたデンタルフロスです。

どんなフロスなのかというと、通常のデンタルフロスは自分が使いやすい長さにカットして使用しますが、スーパーフロスははじめから使いやすい長さにカットされています。
そして、フロスの両端が硬く、細い形状になっています。
さらに、フロスの部分はフワフワのスポンジのような素材でできており、通常のフロスよりも太くできています。
これが特徴的なので、インプラント治療をしている場合やブリッジの場合、人口の歯が歯茎に埋め込まれているのですが、この人口歯の歯と歯の間は通常の歯間よりも広いです。

そのため、通常のフロスだとスカスカしてしまい、歯垢が上手く取りにくいのです。
こういった方のために開発されたのがスーパーフロスなのです。

珍しいフロスなので、あまりドラッグストアなどで見かけることはありませんが、当院では1箱100本入りで1000円+消費税で販売しております。
在庫がすぐにない場合には取り寄せになることもありますが、気になる方は1度スタッフへお声がけくださいね。

せっかく治療をした歯を守るためにも、きちんとご自宅で歯ブラシでのブラッシングだけではなく、歯間ブラシやフロスをして再度虫歯や歯周病にならないように日々のケアがとても大切です。

千種区 たなか歯科クリニック
受付・管理栄養士 水野友梨

知覚過敏ってどうしてなるの?

こんにちは、たなか歯科クリニックの歯科医師の岡島多翔幸です。

最近、少しずつ暑くなってきましたよね。夏の始まりを感じます。

こうなってくると、そろそろ冷たいアイスを食べたくなる方もみえるのではないでしょうか。
アイスなどの冷たいものを食べると歯にキーンと鋭い痛みがあることがあります。
この症状がある方は、知覚過敏症である可能性があります。

本日は、知覚過敏症についてお話ししたいと思います。

知覚過敏症の正式な名前は、象牙質知覚症。
歯には痛みを感じないエナメル質と、感じる象牙質があります。歯のあたまは、このエナメル質に覆われていますが、その下は象牙質でできています。

歯周病で歯ぐきが下がってしまったり、炭酸飲料やスポーツドリンク、ワインを常飲して歯の頭が溶けてきたりすると、象牙質が出てきてしまうので、冷たいものや甘いもの、歯ブラシの刺激などが痛みとして感じるのです。

また、くいしばりや歯磨きの際の力が強すぎたりすると、歯の一部が欠けてしまい知覚過敏症になる場合もあります。
この他にもホワイトニングや歯周病の治療の後に一時的に知覚過敏症になることもあり、知覚過敏症と言っても様々な原因があります。

では、知覚過敏症になってしまったら、どうすれば良いのでしょうか。

まず、薬を象牙質に塗り込む方法があります。

先程、象牙質には知覚があると申しましたが、その象牙質の表面には、ものすごく小さな穴が無数に開いており、そこに刺激が加わることで痛みが出ます。

そこで、この穴に薬剤を塗って塞いでしまうのです。

この他にも、あまり一般的ではないですが、レーザーを歯に当てることも知覚過敏症の治療の一つです。
象牙質表面の穴を塞いだり、刺激を伝えにくくすることができるのです。

冷たいものを食べて、「知覚過敏かも!」と思われたら、一度私たちにご相談ください。

たなか歯科クリニック
岡島多翔幸

1 2 3 4 5 6 7 12

Pick up contents

ページトップへ